こぼれ話 今旬

ジャスティンビーバー、バックパッカーを夢見て活動休止!?

2017/02/21

ジャスティンビーバーがパーパスツアー終了後に活動休止を計画しているようですね。

1年にもわたるツアーですから、そりゃぁ疲れるでしょう。

ジャスティンビーバーにとっては何十回にもおよぶツアーだけれども、世界中のファンにとっては、待って、待って、待って、やっとの思いでジャスティンに会えるので、ジャスティンビーバー常に最高のパフォーマンスを提供する必要がある。

まぁ、ジャスティンビーバーも若いんで、中断やら遅刻やらドタキャンやらでよくお騒がせを起こしちゃうこともありますけどね。

 

そして今回ついに、活動休止報道!

疲れたから羽休めに世界でも回りたい

んですって。

 

ツアーでは世界を回ってるジャスティンビーバーですが、やっぱりプライベートで、しかもバックパッカーで世界を回るのとはわけが違いますよね。

ジャスティンビーバーをも魅了するバックパッカーの旅。

いち、経験者として若いうちにバックパッカーをしておいたほうがいい理由をまとめてみました!

スポンサーリンク

1.自分に自信がつく

外国で一人きり、知り合いも友人もいない。

頼れるのは自分だけ。

外国でのトラブルは日常茶飯事です。

道に迷った、違う電車に乗ってしまった、違う駅で降りてしまった、ぼったくられた、貴重品をなくした、などなど、日本ではあまりないようなトラブルが頻発します。

そんな時、どんな行動をとってどう乗り切るか。

トラブルの渦中にいる間は本当に冷や汗まみれです。

胃も痛くなります!

でも、無事乗り切ったとき、

あの時できたんだから、もう怖くない!

そんな自信ですがすがしい気持ちになれることでしょう。

スポンサーリンク

 

2.日本の素晴らしさを改めて感じることができる

日本は平和で、便利です。

ほとんどの日本人は相手の立場に立って行動できます。

 

電車は時間通りに来ます。

時間通りに来なくても、事前のアナウンスがあります。

ホームでは降りる人のためにスペースを空けて並びます。

 

値札を見てきちんと物が買えるし、おつりもきちんともらえます。

大きなお札しかないからと心配する必要もありません。

昨日まで使えていたお金が今日突然使えなくなるなんてこともありません。

 

待ちで物乞いする人もいないし、子供はちゃんと学校に通います。

 

コンビニエンスストアやパーキングエリアが発達していて長距離旅行でもトイレの心配はありません。

トイレは綺麗だし、トイレットペーパーもあります。

 

食品のパッケージは開ける人のことを考えて作られており、非常に開けやすいです。

 

消費税は安いので、外食した時のお値段が怖いなんてこともありません。

 

上記は私が途上国でバックパッカーをした際に感じたほんの一部です。

今までは日本にあまり愛着がありませんでしたが、今は日本に生まれてよかったと思っています。

 

3.人生を変える出会いがある

そして、旅には新しい出会いがつきもの。

旅の醍醐味はここにあるといってもいいでしょう。

 

一人で外国に行くと、知らない人に声をかけられないなんて言ってられません。

外国ではわからないことだらけ。

たくさんの人の助けが必要です。

 

自分が大変な時に手を差し伸べてくれる人がいます。

人のやさしさを改めて感じることができるでしょう。

その出会いが一生ものになるかもしれません。

 

私はバックパッカーの旅がきっかけで、帰国後、退職し、その国でボランティアをしました。

ボランティアがきっかけで、その国で就労することになりました。

そして、生涯のパートナーも…。

ふふふ。

 

 

自分に自信がないあなた、日本の生活に飽き飽きしてしまった方、人生を変えるきっかけがほしい若者よ、一度一人で海外でも回ってみてください。

世界一周じゃなくてもいいんです。

1週間だけでもいいんです。

 

ツアーじゃなくて、自分で自由に回るところを決めて、外国を旅してきてください。

知らなかった自分に出会えるはず。

スポンサーリンク

 

 

-こぼれ話, 今旬