こぼれ話 ジャスティンビーバー彼女 ソフィアリッチー

ジャスティンビーバーはソフィアリッチーの父が怖い!?

2017/02/21

ジャスティンビーバーの新恋人として噂されているソフィアリッチーの父、ライオネルリッチーが娘の恋人がジャスティンビーバーであることを好ましく思っていないという噂がある。男親が娘の恋人を良く思わないのはよくあることだが、付き合い早々このようなことが言われるとはある意味真剣交際の証拠でもあるのではなかろうか。

スポンサーリンク

ジャスティンビーバーは娘にとっていい恋人ではない

 

スター誌によると、ライオネルリッチーの関係者は次のように語っていたそうだ。「ライオネルは、自分の娘はもう18歳になり、自分のことは自分で決める判断力が身についてきたが、だからと言って娘と娘の恋人の関係を応援しているわけではない。機会があればジャスティンビーバーときちんと話をし、娘になにかあったらどうなるか知らしめておきたいと思っているんだ。」ジャスティンビーバー自身もこのことは重々承知しており、それゆえライオネルリッチーを恐れている様子。

 

ライオネルリッチーはジャスティンに感謝している!?

 

しかし、一方で、 HollywoodLife.comの報道では、ライオネルリッチーはジャスティンビーバーが娘にしてくれたことぜんぶ、来日公演時に日本に連れて行ったり、メキシコでのロマンチックな誕生日パーティーだったり、ファンからの誹謗中傷からソフィアリッチーを守るためにインスタグラムを非公開にしたりといった一連のことに感謝してるのだそう。遠くない将来、ジャスティンビーバーがソフィアリッチーの恋人としてライオネルリッチーと会うことになったとしても、きっと大丈夫だろう。

スポンサーリンク

 

周りが気にしてるだけ!?

 

しかし、当の本人はというと2人の関係については一応の沈黙は貫いており、先日、パパラッチからコメントを求められると、「その話題にはいなかいぞ。放っといてよって厳しく言われてるからね」と語っている。 その後も粘るパパラッチに「交際は認めているか?」と聞かれると、「えーと、うん、まー、どうだろ」としどろもどろに。その時、後ろではソフィアが、「その言い方はイエスだと受け取ることにするわ」とぼそりとつぶやいた。そのあとパパラッチが「あなたは音楽界の大スターで、ジャスティンもそこへ向かっているけれど…」と言うと「ハッハッハッ」と笑い、ソフィアのほうを向いて「そうなのかい?」といたずらそうに聞くと、ソフィアは「ほんと居心地がわるいわ」と言って、先に走って逃げてしまい、ライオネルはそれを笑って見送っていた。この一連の様子から、ライオネルは娘とジャスティンビーバーとの関係をそれほどシリアスには考えておらす、なるようにしかならないさ、というような広い気持ちで見守っていることがわかる。周りがわぁわぁ騒ぎ立てることではないということをライオネル自身が一番よくわかっているのだろう。案外2人の関係に前向きな印象を持っていると感じたのは私だけではないと思う。

スポンサーリンク

 

-こぼれ話, ジャスティンビーバー彼女, ソフィアリッチー