こぼれ話 ジャスティンビーバー彼女 セレーナゴメス

復縁希望多数!ジャスティンビーバーとセレーナゴメスの出会いと別れとは?

2017/02/21

現在、ジャスティンビーバーとソフィアリッチーの真剣交際が噂されているが、元カノセレーナゴメスとは本当にもう終わってしまったのだろうか。お似合いのカップルだった故に彼らの復縁を望むファンの声も多い。今回はそんなジャスティンビーバーとセレーナゴメスの出会いと別れを振り返ってみる。

スポンサーリンク

実はセレーナのファンだったジャスティンビーバー

セレーナ・ゴメスの知名度は日本ではいまひとつといったろころだが、海外ではディズニー・チャンネルのオリジナルドラマ「ウェイバリー通りのウィザードたち」に出演するなど絶大な人気を誇るアイドルである。童顔である一方で身長165センチとそのグラマラスな魅力に惹かれるティーンエイジャーも多く、ジャスティンビーバーもそのうちのひとりであった。そんなジャスティンの姿を見て、彼を発掘して育て上げた腕利きマネージャーのスクーター・ブラウンがセレーナとジャスティンを引き合わせ、2010年12月、ふたりは「ニューイヤーロッキン」で初共演を果たす。ジャスティンにとってセレーナは憧れの女性、セレーナにとっては自分を好いてくれる人気歌手ということでお互いが惹かれあうのに時間はかからなかった。当時セレーナ18歳、ジャスティン16歳。年の差2歳の二人は交際を始めた。アイドル同士の交際ということで、ジャスティンとセレーナの恋はファンやマスコミを騒がせ、一躍注目の的となった。しかし、ジャスティンはまだまだ若く遊び足りないお年頃。ツアー中やプライベートで、セレーナと会っていない時に様々な問題を起こすようになる。それは警察に捕まるくらいのヤンチャな事だったり、パパラッチに暴言を吐いたり、何かと問題行動が目立つようになるジャスティン。それだけではなく浮気報道までされるようになり、セレーナの親友・テイラースウィフトが「キッパリ縁を切るべき」とセレーナに助言したと言われるほど、二人の交際の行方は周囲の人間やマスコミの注目を集めた。しかし、ついに、2年間の交際を経て2012年11月、憧れのカップルだったジャスティンビーバーとセレーナゴメスの交際は破局を迎える。

スポンサーリンク

2012年以降は別れたりくっついたり

2012年に一度は破局をする二人であるが、その後もすぐに仲直り→破局を繰り返すことになる。別の相手と噂になったり写真を撮られることもたびたびあったが、やはりお互いが忘れられないのか、二人でいるところを目撃され、復縁報道が出たりなど完全に関係を断ち切ることはできないようであった。最近では、2015年に復縁、そして再破局をしたと言われている。

 

ジャスティンとセレーナのファンは復縁希望

沢山のファンを抱える二人であるが、復縁を希望するファンも多い。破局後のセレーナのコンサートでは「Marry Justin!(ジャスティンと結婚して!)」というレターを掲げ、セレーナがイラついたようにそのレターを取り上げ、くしゃくしゃにしてポイするシーンも見受けられた。筆者としても、今噂のソフィアリッチーよりはセレーナにしときなよという気持ちでいっぱいなのであるが、そういったセレーナの様子をみてしまうと、もうないな、と思わざるを得ない。果たして、ふたりの関係はもうもとにはもどらないのか?それともまた復縁をするのか?今後もジャスティンとセレーナから目が離せない。

スポンサーリンク

-こぼれ話, ジャスティンビーバー彼女, セレーナゴメス