ジャスティンビーバー彼女 セレーナゴメス 今旬

セレーナゴメス新曲It ain't meはジャスティンビーバーへの別れの曲

2017/02/24

セレーナゴメスがDJ・カイゴとコラボレーションした新曲、”It ain't me"がリリースされましたね。

リリース前から、この新曲はジャスティンビーバーについて歌われているんじゃないかとファンの間では話題になっていましたが、その線が濃厚のようです!

リリースされたばかりの出来立てほやほやの歌詞、早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

”It ain't me"の歌詞

I had a dream
We were sipping whisky neat
Highest floor, the bowery
And I was high enough
'Somewhere along the lines
We stopped seeing eye to eye
You were staying out all night
And I had enough

私は夢をみたの

私たちはウィスキーをストレートで飲んでいた

高層階、安酒場

その路地にそったどこかで

私たちは立ち止まってお互いの目をみつめる

あなたは一晩中外にいる

そして私はもう十分

No, I don't wanna know where you been or where you're going
But I know I won't be home
And you'll be on your own

違うわ、あなたがどこから来たか、どこへ行くのなんて知りたくない

でも、私は家にならない知っている

そしてあなたはあなたの好きなように生きる

Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
Who's gonna rock you when the sun won't let you sleep?
Who's waking up to drive you home when you're drunk and all alone?
Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
It ain't me

明け方の暗い時間にあなたと一緒に歩いてくれるのは誰?

太陽のせいで眠れないときあなたを揺らしてくれるのは誰?

あなたが独りで酔っぱらっているとき家に送り届けてくれるのは誰?

明け方の暗い時間にあなたと一緒に歩いてくれるのは誰?

それは私じゃない

It ain't me
It ain't me
It ain't me

それは私じゃない

私じゃないのよ

私じゃない

I had a dream
We were back to seventeen
Summer nights and the liberties
Never growing up
I'll take with me the polaroids and the memories
But you know I'm gonna leave behind the worst of us

私は夢をみた

17歳のころに戻って

夏の夜、自由気ままに

決して大人にならない

私はポラロイドと思い出をもって

でも私たちの最悪な部分は置いていくわ

Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
Who's gonna rock you when the sun won't let you sleep?
Who's waking up to drive you home when you're drunk and all alone?
Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
It ain't me

明け方の暗い時間にあなたと一緒に歩いてくれるのは誰?

太陽のせいで眠れないときあなたを揺らしてくれるのは誰?

あなたが独りで酔っぱらっているとき家に送り届けてくれるのは誰?

明け方の暗い時間にあなたと一緒に歩いてくれるのは誰?

それは私じゃない

It ain't me, no no
It ain't me, no no
It ain't me, no no
Who's gonna walk you through the dark side of the morning?
It ain't me

It ain't me
It ain't me

それは私じゃない、違うわ

私じゃないのよ

私じゃないわ

明け方の暗い時間にあなたと一緒に歩いてくれるのは誰?

それは私じゃない

 

私じゃない

私じゃないのよ

 

いかがでしたでしょうか?

やっぱりジャスティンビーバーのこと歌ってますよね?

スポンサーリンク

セレーナゴメス、結婚願望からの失望そして別れ

セレーナゴメスはジャスティンビーバーと結婚も考えてたけど、まだまだ遊び足りないジャスティンビーバーに失望して結婚を諦めた

これがセレーナゴメスが”It ain't me"「あなたと結婚するのは私じゃない」で歌いたかったことだと思います。

最初の”I had a dream"から”And I had enough"からの一節目はお互いの結婚観の比喩ではないですかね。

お酒を飲んでいたっていうのは、まだまだお互いの関係が遊びだったころの比喩。

そしてしばらくたってセレーナはお互いの関係に真剣になってきた。

そんな時、お互い向き合ったら、

あなたは外にいた。

つまり、真剣じゃなかった

そしてセレーナは、「あなたが真剣じゃないならもう十分

っていう気持ち。

 

そして2節目の”But I know I won't be home”は「でも、私は家にならない知っている」と訳しましたけど、この家っていうのは家族っていう意味なんだと思います。

私はあなたの家族にならない

そしてあなたはあなたの好きなように生きる

です。

 

そして、5節目の

I'll take with me the polaroids and the memories
But you know I'm gonna leave behind the worst of us

いい思い出だけは持っていくけど嫌な思い出は置いていくわ

だってもうさよならだから

という思いが込められているのではないでしょうか…。

 

わーん。

なんて悲しい曲なのー!

これはセレーナゴメスからジャスティンビーバーに向けて歌った別れの曲ではありませんか!

きっとあの二人が再びよりを戻すことはないんでしょうね。

好きだったのにな、Jelena....

スポンサーリンク

こちらの記事もどうぞ↓

セレーナゴメスの新曲It ain't meの誕生秘話を語る

-ジャスティンビーバー彼女, セレーナゴメス, 今旬